So-net無料ブログ作成

左まんじ Svastika [見て楽しむ三角関数]

Scratch左まんじを描きます。

[左まんじ]

曲線を描く処理の詳細は初回で説明していますので、そちらを参照してみてください。違う曲線ですが流れは同じです。

最初に変数です。X, Yは曲線の座標、半径は式の計算結果、倍率は曲線の大きさ、角度は計算で使います。

[変数]

次に本体です。角度を0度から360度まで変化させながら計算、移動を繰り返すとこの曲線が描けます。綺麗な曲線にするために0.1度ずつ角度を変化させています。このため描画に時間がかかりますので、ターポモードがおすすめです。

[本体]

次に準備です。本体で最初に呼び出されます。ペンの設定、変数の初期設定、開始座標の計算を行い、開始座標に移動します。

[準備]

式はこうなっています。rは半径、θは角度です。
\[ r^2=\tan(2\theta) \] この式をプログラムにすると次のようになります。上の式には倍率は出てきませんが、曲線の大きさを調整するために使っています。

[計算]

移動はいつもと少し違います。半径が200以上の場合はペンを上げています。これにより綺麗な曲線になります。ペンを下ろしたままだと余計な線が出てしまいます。興味がある方はプログラムを修正して試してみてください。

[移動]

完成版はこちら
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。