So-net無料ブログ作成

四つ葉 Quadrifolium (1) [見て楽しむ三角関数]

Scratch四つ葉を描きます。

[四つ葉]

曲線を描く処理の詳細は初回で説明していますので、そちらを参照してみてください。違う曲線ですが流れは同じです。

最初に変数です。少ないですね。

[変数]

次に本体です。今回も複数の曲線を描くので、二重の繰り返しになっています。内側の繰り返しで一つの四つ葉を描きます。一つの四つ葉を描くために角度は0度から360度まで変化させます。四つ葉を一つ描き終わるごとに倍率とペンの色を変化させています。

[本体]

初期設定では、プログラムの最初に一度だけ実行する処理をまとめています。

[初期設定]

準備は曲線一つごとに実行する処理が含まれます。ペンを持ち上げて開始点に移動し、ペンを降ろします。

[準備]

次は計算です。四つ葉を描くための式はこうなっています。
\[ r=a\sin(2\theta) \] rは半径、θは角度、aは倍率です。この式をプログラムにするとこうなります。

[計算]

半径を計算し、半径と角度を使って次に移動するX座標Y座標を求めます。

移動はいつも通りです。

[移動]

完成版はこちら
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。